プチ整形で生まれ変る

HOME >>  プチ整形に関する記事 > ヒアルロン酸注射とボトックス注射

ヒアルロン酸注射とボトックス注射

プチ整形…最近は価格も下がり、一般的にもなじみがでてきました。今ではメスを入れない注射などのプチ整形は美容医療という言い方をするそうです。実は私も美容医療…プチ整形をしています。プチ整形といってもさまざまですが、私がしてるのは半永久的なものではなく、効果がうすれていくもの…いわゆる注射の美容医療にあたるものです。しているのはヒアルロン酸注射とボトックス注射。ヒアルロン酸注射は鼻筋と涙袋に、ボトックス注射は一般的にはシワをのばすためのイメージが強いですが、目尻にうち、少したれ目で目が自然と大きく見える方法のボトックス注射です。

鼻筋はもともと鼻が小さく、プロテーゼをいれるほど鼻を高くしたいということはなかったのですが、鼻筋にヒアルロン酸を入れると全体的にシャープになり、すっぴんでもメイクでハイライトを入れたような感じになります。涙袋は有名ですよね。私の場合はもともと涙袋があるので、大きくするのではなく、どちらかというと疲れ目に見せないように全体にうっすらと左右均等の大きさになるように、涙袋がある人特有のシワをなくすように打っています。

ボトックス注射は先ほど書いたように目尻に注射し、目の下の筋肉をゆるませてすこしたれ目に、目が大きくなるように打っています。これもメイクで少したれ目メイクをした感じです。線を入れているわけではないので、メイクほどはっきりとたれ目になりませんが、このボトックス注射はメイクをしたときの方が効果が分かりやすいです。下にアイラインをいれたときに以前より薄くラインを入れても目がはっきりします。初めてこの注射をする人はメイクを薄くして人に会った方がいいです。メイク変えたからかな~なんて言い訳もできるし、メイクを薄くしたらかわいくなるのは印象もいいですよね。

人によって顔は違うのでどこに注射したらいいのかは美容整形の先生とよく話をして決めるのが1番ですが、ごの3つはお勧めのプチ整形です。